なぜりんごは腸内環境の改善が期待できるか

りんごは身体に良い食品で、1日1個それを摂取すれば医者が遠ざかるという格言もあります。実際それはとても体に良いのですが、その理由の1つは腸内環境に対するポジティブな影響です。主に2つの理由があると言われています。

 

善玉を増やし悪玉を減らしてくれるりんご

 

まず1つ目ですが、悪玉菌に対する影響力です。腸の中には、とても多くの悪玉菌が潜んでいるのですが、実はりんごはその悪玉菌の数を減らしてくれると言われています。悪玉の数が減ってくれれば、もちろん腸内環境は善玉よりに傾きやすくなります。

 

またりんごには、善玉菌に対するポジティブな影響もあります。それを摂取すると、善玉の数が増えてくれるのですね。
つまりりんごを摂取する事は、腸内環境が善に傾きやすくなる訳です。それで医者が遠ざかるのでしょう。

 

食物繊維で腸内環境が良くなる

 

それとりんごの中には、食物繊維も多く含まれています。腸内環境の改善と聞くと、食物繊維をイメージなさる方々も多いと思いますね。

 

その繊維の特徴ですが、腸内の清掃を行ってくれる点です。お腹の中が綺麗になってくれれば、もちろん腸内環境を改善される訳です。またそれに伴う、便秘の効果も期待できると言われています。

 

便通が悪くなってしまえば身体に対する悪影響が色々懸念されますが、りんごはお通じを良くしてくれる効果も期待できるのですね。
ですのでりんごは、腸内環境の改善にはとても良い食品だと思います。最近お腹の調子があまり良くないと考えている時などは、りんごはオススメです。
ただし、やはり偏りは禁物ですね。りんごだけを食べるのは、あまり栄養上好ましくありません。あくまでも他の食品と一緒に食べるという心構えが、腸内環境の改善につながるでしょう。

 

>参照先:アレルギーの方のための乳酸菌入門